■リスク細分化自動車保険


リスク細分化保険

リスク細分化保険とは、
保険に加入した時に保険契約者の条件を変えることによって、
保険料の値段を安くすることができ、
補償内容を充実させることが可能になるというものです。

リスク細分化保険の主な特徴は、
年齢条件、運転者限定、安全装置割引、使用用途条件、優良運転者特約、等級の
6つの項目で保険料の金額が決まる会社が多くあります。

年齢条件とは、運転者の年齢を21歳以上、26歳以上、30歳以上、35歳以上、
年齢制限なしの中から選ぶ事ができます。

年齢条件は年齢が上に行くほど保険料が安くなり、
21歳以上や年齢制限なしにすると保険料が高くなります。

年齢条件を加える事で補償のリスクを減らして
保険料を安くすることが可能ですが、
契約した年齢制限を下回っていた場合、
事故を起こした場合には保険料が支払われません。

運転者限定とは、運転する人を限定する事で保険料を安くすることができます。

運転者限定は、本人限定、本人・配偶者限定、家族限定、
限定者解除(限定なし)から選びます。

ただ、ここで注意してもらうことは運転者限定をしても
年齢条件もかかわってくるため、運転する可能性がある人の中で
一番年齢が低い人で契約をしておくことが重要となってきます。

安全装置割引とは、エアバック、ABS、安全ボディ、環境対策車(エコカー等)、
イモビライザー等の装備が車に装備されているかによって
保険料を少しだけ安くする事が可能になります。

最近の新車は、環境対策車でもあり、
安全対策の為にこれらの装備が備わっている車がほとんどです。

使用用途条件とは、自動車を使用する目的を定める事で
保険料を安くすることが可能になります。

業務使用、通勤・通学使用、レジャー使用の3つから選びますが、
それぞれの使用用途によって細かい規定が設けられています。

優良運転者特約とは、
保険契約者の免許証の色がゴールドだと適用されて保険料が安くなります。

等級とは、保険契約者の状況(保険使用の有無)によって、
等級が上下する制度です。

無事故であれば等級が1つ上がり保険料が上がり割引されて安くなり、
事故などで保険を使った場合、
等級が3つ下がり保険料の割引が小さくなり保険料が高くなります。

リスク細分化保険とは、様々な条件を決める事によりリスクを減らす事で
保険料を安くすることが可能になる保険です。



自動車保険の見積り★おすすめ人気ランキング★

ランキング1位アクサダイレクト♪インターネット割引が最大10,000円
当サイト自動車保険ランキング1位。インターネットからの申し込みだと割引制度あり、保険料もいちばん安く人気です。

ランキング2位 カービューなら最大9社に一括自動車保険見積り
三井住友海上、あいおい損保、ゼネラリ保険、ソニー損害保険、チューリッヒ保険、アクサ損害保険、三井ダイレクト、アメリカンホームダイレクト、SBI損害保険などの最大9社に一括見積り。あなたにとって一番、安い自動車保険会社がスグに分かる。

ランキング3位比較.comの自動車保険一括見積もり!【 無料! 】
所要時間たったの5分で7社に一括見積り♪5分で数万円が変わる。